See Saw Books


発行人の日記

天野祐吉さんが亡くなりました

2013年10月

広告づくりに素人だったリクルート〈私はそこの出身)は草創の頃よりずい分お世話になりました。私も若い時分に麻布(だったかな?)の『広告批評』のマドラに通った時期があります。その後編集長になった島森路子さんが天野さんの助手という立場で、たしか事務所でネコを可愛がっていた記憶があります。島森さんも亡くなって、『広告批評』も休刊して、天野さんも亡くなって、寂しいかぎりです。最後に仕事をご一緒したのはリクルートの求人広告年鑑みたいなものを、天野さんも私も外注先スタッフとして編集をお手伝いしました。そのとき、天野さんが「あなたは・・・だね」という言葉は、自慢話になるので言いません(笑)。天野さんのクスクスといったふうの笑い方が忘れられません。天野さん、大きな風になって、広い空を、吹き渡ってください。合掌。

  

一覧に戻る