See Saw Books


発行人の日記

サスペンスドラマ

2018年08月

珍しく長い休みが続いて、その間には藤沢に住む娘や孫たちも集まって大勢で食事や買い物に出かけて楽しい毎日が続く。
もう、二人の娘や孫たちの様子をみるだけで目を細めている好々爺なのだ。

だが、この老人、深夜になると密やかな楽しみに浸っているのを家族は知っている。

Netflixにかかるサスペンスドラマがそれで、この休み中には『運命の7秒』(下手な翻訳タイトルだね)全10話を見きってしまった。

ニューヨークを舞台に口臭の強い黒人女性検事補という三重苦!の独身キャリアが主人公で、相棒役の白人刑事からいつもミントを絶やすなと言われ、黒人少年のひき逃げ事件から始まる、日本にはないヘイトクライムとたたかうのだ。

書いててあまりの盛りだくさんに整理がつかなくなるが、要するに多文化社会の拭い難い差別のゆきつくところがこれでもかとさらけ出されてアメリカ社会の本質的なところが理解できる。それだけでも収穫大なのだ。ぜひおすすめしたい。

  

一覧に戻る