See Saw Books


発行人の日記

クリントン夫婦笑い話

2015年11月

本屋さんの店頭にヒラリークリントンの分厚い著書が目立っていますが、

このスーパー女性の笑える話をネットで見かけました。

いま書いている原稿には使えませんが、いつか使ってやろうと、後々の備忘録代わりに記しておきます。

クリントン夫妻が故郷をドライブの際にたまたま立ち寄った
ガソリンスタンドのオーナーはヒラリーの昔のボーイフレンドだった。

ビルクリントン
「ヒラリー、僕と結婚してよかったね。
もし彼と結婚していれば、
今ごろ君は田舎のガソリンスタンドのおカミさんだ」

ヒラリークリントン
「分かっちゃいないのね、ビル。
もし私が彼と結婚していたら、
彼がアメリカ合衆国の大統領になっていたわ」

男の人生ネタかな? 女性戦力ネタかな?

  

一覧に戻る