See Saw Books


発行人の日記

間違えちゃいけない

2014年06月

「報道ステーション」のドイツからの報告(古舘キャスター)をチラチラ観てましたら、あれ、おかしいでしょう。

ドイツが戦後どれほど多くの謝罪を重ねたかと、同キャスターはとくとくとして語っていたが、

それは間違えちゃいけない、600万人を超えるユダヤ人の虐殺、ホロコーストへの謝罪であって、

戦争についての謝罪でもなく、ましてや長年続けたアフリカの植民地支配に対する謝罪でもない。

朝日、毎日、中国、韓国が謝罪せよと迫る根拠の一つはドイツにならえというもので、

ホロコーストやってない(南京虐殺はせいぜい数千人の偶発的な事故であり、ナチの組織的虐殺とは対極と思う)

日本がドイツにならう理由はありません。「すでに解決済み」と常套句ではなく、

そこんところ国の内外にきちんと説明しないと末代まで祟ると思うが、いかがでしょうか。

プンプンしております。

  

一覧に戻る